KIDO PACKAGING

WHY KIDO?

なぜ、木戸紙業のパッケージは選ばれるのか?

BECAUSE,

お客様のことを考えたら、一貫生産システムは必然でした。

システム

お客様のご要望は実に様々。営業部が真摯にその声を聞き、
デザイン部がカタチにし、製造部が品質や納期を徹底して完成させる…
この一貫生産システムと全従業員のチームワークが、
それぞれのお客様に合わせた対応を可能にしています。
一貫生産システムだからできるフレキシブルな対応力。
それこそが信頼へと繋がる、木戸紙業の強みとなっています。

一貫生産システムへ

この顧客対応力があるから、木戸紙業があります。

営業力

抜きんでたデザイン性、安定供給、品質へのこだわり…
お客様の思いは千差万別。 私たちが直接感じたその思いを、デザイン部、製造部、総務部の協力部門と一丸となってカタチにする。
この顧客対応力が木戸紙業のチカラです。

部署紹介へ

デジタル印刷の取り組み

取り組み

最新のデジタル印刷機を導入し、デジタル印刷のサービスを本格的にスタートしました。圧倒的な時間の削減と多品種・小ロット生産に対応。これまでになかったサービスや商品価値を創造できます。

デジタル印刷へ

明日のためのリサイクル

リサイクル

環境への負荷をできるだけ削減し、限られた資源を大切に、次世代へ美しい地球を受け継ぐこと。できうる限りの取り組みを実施し、コストの削減、環境負荷の少ない製造活動を推進しています。

環境への取り組みへ

品物と価値を包み、安全に届ける

安全

佃煮袋から現在のラミネートパウチの製造まで、気がつけば、80年余りの歳月。我々、包材メーカーは「お客様の品物とその価値を包み、安全・確実にお届けする」ことに集中すべきと考えています。

会社案内へ

紙問屋から始まり、佃煮袋から現在のラミネートパウチの製造まで、気がつけば、80年余りの歳月。ただひたすら、「お客様の品物とその価値を包み、安全・確実にお届けする」ことだけに実直に取り組んできました。お客様のご要望に全力で応えたい…時代が変わっても、私たちが思っていることは創業当時からずっと同じ。その想いがきっと、お客様に届いているから。私たちは光栄にも、選ばれ続けているのかもしれません。

NEWS お知らせ

一覧を見る

2016.7.1

『印刷技術+α展2016』に出展します。

2016年8月2日(火) 大阪産業創造館 3F・4Fで開催される『【印刷技術+α展2016】特殊加工、印刷×ITの融合技術など、最新技術で印刷に付加価値を!』に出展いたします。

採用ページ

木戸紙業株式会社